シグマ塾ニュース


選択するということ!選択できるということ!(数学講師のつぶやき)

 先日生徒の一人がうつらうつらとしていました。注意はするのですが、なかなか治りません。

 時間を止めてこんな話をしました

 「いいかい。確かに眠いのはわかるし、体育祭の後ということで眠くなるのは仕方ない。でもね、どんなにしんどかったとしても、それは自分が【選択した】んだと思わないといけないよ。寝た結果、分からなくなった・できなくなったとしてもそれは自分で選んだ結果なんだ。

 しんどいことがある、辛いことがある、面白くないこともある、気分が乗らないことがある・もちろん調子が乗らないことだってあるだろう。でも【そんな気分になること】と、【どんな行動を選ぶの】ということを分けて考えなさい。その結果は親でも友達でもなく、すべては自分に返ってくるんだからね」と。

 

 僕も含めて人は自分に甘く弱いものです。しかし、だからといってその弱さを誰かのせいにしたり、自分以外の人のせいにしてほしくないわけです。

 自分で自分の人生を作っていってほしい。そのためには今どんな選択をすべきなのかを真剣に考えてほしいと真に願います。

 

 塾にきて勉強してもいいという与えられた選択肢があること自体がありがたい話です。

 だからこそ、「自分で勉強するんだ!」としっかり選択して勉学を身につけてほしいと思っています。

 

なぜ勉強するのか?(数学講師のつぶやき1)

数学の講師をしているとよく耳にする言葉は「数学って実生活でつかわないよね」という言葉。中には小数の計算なんて使わない!と言い切る人もいます。その言葉の裏には「なぜ数学を学ばないといけないの」という批判めいた思いがあることが多いようです。
 確かに、実生活でつかう数字といえば四則演算くらいなもので、sin cos log なんてものはほとんど使いませんし、それを仕事している人はほんの一握りなものです。ある意味その通りと思います。

 ですが、そんなこと言いだしたら、古文も物理も使いませんし、英語も人によっては使わない人もいます。もっと言えば、クラブの野球だってバスケットだって社会にでてから使うことはないのです。

 

じゃあ、なんでスポーツをするのか?ときけば体を鍛えるため、精神力を養うためとおっしゃる方はたくさんいます。

 

それは、勉強も同じだとおもうのです。

 

頭を鍛えるため、問題解決能力を鍛えるためです。数学で言えば論理力を鍛えるためです。決して受験勉強のためだけではないと私は感じています。

 

受験はスポーツでいうところの大会みたいなものです。目標があるからがんばれる。それでいいのではないでしょうか?

合格する(合格させる)ことは当然わたしたちの仕事の使命ではありますが、生徒一人一人にとって大事なことは、その過程(プロセス)の中で人間として大きく成長することです。

 

ただ問題を解くテクニック、点数をとるための授業ではなく、ひとつづつ考える力がつくよう日々生徒と向き合っています。

今、教育の一翼を担う塾経営のモラルが問われています

本日以下のようなニュースを見ました

大手学習塾「臨海セミナー」を運営する「臨海」(神奈川県横浜市)に対し、同業他社が業務改善などを求める申入書を送付していたことが2020年12月8日、関係者への取材で分かった。

「モラルに欠ける行為と言わざるを得ません」

申入書によれば、臨海セミナーでは塾生から「『学校の友人の中での成績優秀者』の名前・塾名・志望校など」の個人情報を聞き出し、それをリスト化している。掲載された成績優秀者には、塾生を通じて模試やアンケートを渡し、模試や講習などの申し込みにつながれば、塾生は金券類がもらえる。  こうした手法に対し、申入書は「個人情報の利用目的を明確に告げていない点、相手の生徒及び保護者の同意を得ることなく、挙げられた情報を蓄積している点で違法の可能性が高いといえます。生徒を導く立場にありながら、法的知識の不十分な未成年の生徒を、違法ともいえる個人情報収集に利用しているという点においても、極めて問題があるものと思料します」と強く非難する。

 以上のような内容でした。庄原にも生徒にお金を渡して生徒を勧誘するような塾が存在しないことを願うばかりです。

当塾はどんなデマや中傷にさらされようとも、あえて反論することなく35年以上黙々と、当塾を希望していただける生徒や保護者の方のためになることを、やってきたと自負しております。上記のような塾がなくなることを切に願っています。


加湿器等を導入しました

2020年12月10日

新型コロナ感染症予防対策として加湿する、消毒する、換気するを徹底するために、本日より両教室に加湿器を導入しました。


定期テスト結果

令和2年度庄原中学校2学期末間試験の結果です!

 英語数学とも80点を大きく超える結果となりました。

 一人ひとりの成績の分析をしたシートをお渡ししています。生徒一人ひとりの得意な分野、伸び悩んだ科目などを話すことで、生徒さんのやる気に代わっていきます。いろいろな勉強のお話のきっかけになればと思っています。ご活用下さい。

 

  英語 数学
  平均点 最高点 平均点 最高点
中1 90.0点 94 93.0点 100点
中2 84.9点 100点 88.9点 99点
中3 89.8点
97点 91.2点 97点


新型コロナウィルスの拡大影響による開講時間変更お知らせ

ダウンロード
5月からの開講時間はこちらをご覧ください
シグマ塾2020年5月~開講時間.pdf
PDFファイル 141.6 KB

各学校では分散登校から通常の始まろうとしています。一方でコロナウイルスの第2波が懸念されています

シグマ塾では、学校やコロナウィルスの状況を鑑みながら通常の時間割に戻そうと思っているところです。

このまま順調に感染の拡大が認められなければ、6月8日(月)から通常の時間割に戻そうと考えているところです。

また、通常の時間割を開始する際は、事前に生徒の皆さんにお伝えいたします。今しばらくこのままの時間割での登塾にご協力ください。

令和2年5月28日 シグマ塾